読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かなる備忘。

レビューと言いつつ映画の感想と触発されて考えたことをだらだら書いています。むしろ後者がメインになりつつある。

新作映画067: 『ドラゴン×マッハ!』

 f:id:gadguard-twitter:20170319134615j:image

監督:ソイ・チェン

出演:トニー・ジャーウー・ジン、サイモン・ヤム、ルイス・クー、マックス・チャン 他

 

 

前回ラ・ラ・ランドを大阪で観た流れで、その足で名古屋のシネマスコーレで鑑賞してきやした。名古屋に行くと伝えたところ無人島キネマのウシダトモユキさんが誘ってくれたのです。新宿でやってた時行けなくて悔しかったんですよねー。あと強く推してくれたペキンパーさんもありがとうございました!

 

トニー・ジャーの出演作だと『トム・ヤム・クン!』が110分アドレナリン出っ放し状態であへあへ言いながら観ていた記憶がありますが、あれは「誘拐された象を取り戻す」というマリオ並の単純なあらすじでした。アクションを見る映画だから全く不満はないしむしろこれで良いぐらいに思っていた。

 

驚いたのは物語が実に複雑だったこと。加えてメッセージ性が高く、こっちに問いかけてくるような社会的な問題を孕んでさえいるので、観てるこっちまで力の篭るアクションで振り回されたのも相まってカラッと楽しめる感じでもなかった。

 

とは言え要所要所でそういう(ぶっちゃけ)だるさをアクションの見せ場で吹っ飛ばしてくれるのは流石のアジアンアクションムービー力。特にマックス・チャンが演じたラスボスはただでさえ生身の人間とは思えないトニー・ジャーウー・ジンすら圧倒する演出が見事だった。彼のとあるアクションで隣のおじさんが「うおっ」と声を出していたのが印象的。シネマスコーレの猛者達ですら声を漏らしてしまうレベルだったのだ。確かにあのムーブには舌を巻いた。

 

さっきカラッと楽しめる感じではないと書いたけど、ラスボスが圧倒的に強くて悪くてかっこいいことと、守るべき愛娘が圧倒的に可愛くて幼くてたまらんことだけで単純な二項対立が保証されていて、後の細いところはプラスアルファの部分ということで今は納得(?)している。長回しのアクションシーンのカメラワークなど見るべきなところがめちゃ多い。とても良かった。