読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かなる備忘。

レビューと言いつつ映画の感想と触発されて考えたことをだらだら書いています。むしろ後者がメインになりつつある。

2015年映画新作ランキング&旧作ベスト10と『私たちのハァハァ』。

どうも。年明けだし良い機会だなと元旦にブログを始めた私です。年間にそこそこ映画を観る皆さんの年末恒例行事と言えばランキングですよね。僕は毎回(特に上位は)考えてる時「もう映画に順位とかいいから」って、勝手にやっといて勝手に怒ってるんですけど、皆さんどうなんでしょう。
 
まずは新作ランキングなのですが、ベスト10で作ると次点が10本以上挙がるという豊作ぶりでしたので、今回は2015公開の新作(自宅鑑賞込)で全部つけました。

f:id:gadguard-twitter:20160102113159p:imagef:id:gadguard-twitter:20160102113010p:image

1位は悩みに悩んで『私たちのハァハァ』。北九州のJK4人組がクリープハイプ(実在のバンド)のライブ見に東京に自転車で繰り出して帰ってくるというマッドマックスもびっくりのデスロードぶり。当然ケンカなんかもする訳ですがそのシーンといったらもう胃がキリキリしてもう。でもそこで4人の追いかけるものに対するスタンスの違いやキャラクターが浮き彫りになる。一つ一つの言動や振る舞いに彼女たちのバックボーンを想像させられるんですよね。

考えてみると4人とも僕なんですよ。十字の中心に自分を置いて観てみるとこれは自分の話でしかないという。なりたい自分、なりたくない自分、過去の自分、今〜未来の自分が一緒に旅をしてケンカして、自分のできることとできないことを知って大人になっていく話なんですよ。今思ったんですけど僕版インサイド・ヘッドなんですよ。これは。

『フォックスキャッチャー』と『きみはいい子』も思い入れとしては本当に同じぐらいなのですが、推してる人の少なさからベストに選出した次第。ちなみに去年のベストは『そこのみにて光輝く』だったので、奇しくも2年連続テアトル邦画ということになりました。流石。

あとおまけ程度に旧作ベスト10も貼っときます。 
f:id:gadguard-twitter:20160102115702p:image
『息もできない』は観た後にヤン・イクチュン監督が家売って作ったインディー映画と聞いて衝撃を受けました。『ガメラ2』は家で観たにも関わらず日テレ報道×自衛隊軍事のシーンのリアリティに没入してしまいましたね。『Dolls』はなんかもう雰囲気が素敵すぎます。北野武がこういうの撮っちゃうおっさんなんだと思うと可愛い。

2016年も良い映画に出会えるといいなー。